ページトップへ

スタッフブログ

 

床のリフォームのタイミングは

フローリングの場合10~15年と言われています!!

しかし、床リフォームの家具を移動するため

なかなか理想のタイミングで工事が出来ないかんじになってしまいます。

施工後30年以上経ってしまいました(T_T)ということもあります。

また、床を支える根太の間隔が大きいため

床のたわみが生じていちゃうことも多いですね。

まずは、床下地の構造を確認する必要があります。

 

床組みの方法<在来工法の場合>

 

1、根太方法(捨て貼りなし)

根太の上に直接仕上げ材を張る工法。

根太間隔が洋室でも455ミリピッチである事が多いお家があります。

床下の湿気で仕上げ材まで痛んでる事も・・・((+_+))

床下から、冷気が室内まで入り込む。

 

2、根太工法(捨て貼り工法)

床下地合板(厚み12ミリ)を受けるるために

幅45mm高さ60mmの根太をピッチ303mm毎に床組み

根太と仕上げ材の間に下地合板がサンドされています(^O^)/

 

3、剛床工法(ごうしょ)

根太レス工法という。

根太を設けず、厚みのある下地合板(24㍉以上)

の上にフローリングを施工する床組みです。

最近の主流になっています。

 

床鳴り

1、床鳴りの種類

 

フローリング自体が擦れ合う

比較的に床で発生するのが、フローリング材が擦れ合う音。

季節により床材が伸縮することで起っちゃいます。

 

2、床下地とフローリング材の間に隙間

床下地と仕上げ材との間に隙間が生じることで起っちゃいます。

樹脂などを隙間に注入してたわみを無くす方法がとられています。

 

3、刺や根太など、床を支える木材が鳴る

 

原因は様々ですが、シロアリ被害の場合も(T_T)

床下を確認してみてください!!

刺の調整、材料を交換する、ビスで揉む等、原因に応じ対処していきます。

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 翌月

バックナンバー

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます!日本雨漏り修理専門119

新潟外装

0120-119-7040120-119-704
新潟外装
〒954-0004 新潟県見附市元町2丁目5番45号
受付時間:朝9時~夜8時まで 
土日、祝日も受付中
  • 対応エリア:新潟
  • 対応実績:年間120棟以上